耐震・防音工事

■住まいも家族も安心できるお家

ここでは地震発生の際に不安要素がある建物の例をご紹介します。
住まいと家族を守るため、改めてこういったところも確認してみてくださいね。

○オーバーハングした建物

建築業界では、下の階よりも上の階が張り出したデザインの建物をオーバーハングといいます。
飛び出した部分を梁だけで支えている場合もあり、不安定になりがちです。

○1Fに壁が少ない建物

例えば、1Fが車庫やテナントになっている建物がこれに該当します。
建物の2F部分を支える壁が通常よりも少ないため、地震による倒壊の危険性をはらんでいます。

○下屋の大きい建物

建物がその構造上安定するかどうかのポイントは、1Fと2Fの外壁線が揃っているかどうか。
例えば、1Fよりも2Fの方が小さい建物は外壁線がズレている可能性があります。

○老朽化した建物

早急な耐震工事や修繕をオススメします。
建物の下地や内部まで腐食が進行していたり、シロアリが発生していた場合は耐久性に欠け、非常に危険です。

 

■防音工事

・ご自宅でお子様がピアノの練習をされている方
・個人で音楽教室をされている方
・ダンス、バレエなどの教室をされている方
・スタジオを運営されている方 など

外への音漏れ対策は万全でしょうか?
防音工事は外への音漏れを防ぐだけでなく、外からの遮音性も高い工事です。
しっかりとした防音設備を整えれば、今までの練習がもっと気持ちの良いものになるでしょう。

またこれからそういった教室を開設するお考えの方や、ゆくゆくお子様が楽器を習う予定のある方のご相談もお受けしています。
どうぞお気軽に当社までお問い合わせください。

一覧ページに戻る